パチンコ・スロットの遊び方

パチンコの遊び方

スロットの遊び方

用語集

あ行

RT(アールティー)

リプレイタイムの略。リプレイ確率が通常時よりもアップしている状態。特定ゲーム数の消化、機種により様々な条件で終了する。

ICカード(コイン)

入金額が書き込める、遊技する為に使用するカードまたはコインのこと。

アタッカー

パチンコの遊技機の盤面にあり、通常時は開かないが、大当りすると開くところ。ここに玉が入り、たくさんの玉を獲得できる。

1パチ

1円パチンコの略。貸し玉料金が1円1玉のパチンコのこと。貸し玉料金が低額な分、遊びやすい。

ART(エーアールティー)

アシストリプレイタイムの略。リプレイ確率がアップしており、且つ、特定フラグもナビする状態。RTよりもメダル払い出しが多い。

液晶

パチンコスロット共に現在は殆どの機種で液晶ディスプレイを搭載しており、液晶上で大当りを始め様々な演出が楽しめる。

大当り

特賞ともいう。数字や図柄が揃ったり、Vゾーンに入賞すること。

か行

確率変動(確変)

特定図柄で当たると次回の大当りまで大当り確率がアップすること。
また、電チューサポートにより出玉が大幅に減ることなく次回大当りが得られる。

貸し玉(メダル)料金

パチンコ店からお客様が玉やメダルを借りる時の1個、1枚あたりの金額。

釘(遊技釘)

パチンコ盤面に打ち込まれている

クレジット

スロット機内で貯留されているメダルのこと。最高で50枚貯留することができる。

計数機

(ジェットカウンター・メダルカウンターとも言う)遊技を終了する際に玉、メダルを数える機械。

景品カウンター

お客様が獲得した出玉に応じて景品とお取替えする所。

5スロ

貸し玉料金が5円のスロットのこと。財布に優しく遊びやすい。

小役

スロット大当り以外の役。

さ行

再抽選

パチンコにおいて、大当り図柄が揃った後、再度図柄が変わること。

再プレー

会員カードに貯玉されている玉やメダルを引き出して遊技する事。

サンド

現金や残高有りカードを入れると玉、又はメダルが出てくる機械のこと。

時短(時間短縮)

確変時同様、電チューサポートにより、玉が減りにくい状態。
確変時と違い、大当り確率は変わらない。また電チューサポートには機種による規定回転数があり、規定回転数に達すると通常状態に戻る。

賞球

スタートチャッカーアタッカーや役モノなどに玉が入った際に払い出される玉のことです。

スタート

メイン図柄が回転し停止することで、一般的に回転数の事を言う。

スタートチャッカー

パチンコ台は、主にこの部分に玉を入れる事によってメイン図柄が動き出します。ヘソとも言う。

ストップボタン

スロットにおいて回転しているリールを止める為のボタン。

スルーチャッカー

小デジタルが始動する為の入賞口。センサーで玉の通過を感知します。

スロット

パチスロと同義。 スロットマシンのことで正式名称は「回胴式遊技機」。
登場当初はオリンピア物産(現在のオリンピアとは別の会社)製の機械がメインだった為、「オリンピアマシン」とも言われた。

精算機

ICカード、会員カード、清算カードに書き込まれた金額を精算する為の機械。

清算ボタン

スロットクレジットメダルを払い出しさせるボタン。

た行

台移動

お客様が持ち玉を持って他の台に移動すること。禁止している店舗もある。

玉貸機

玉を借りる為に現金や残高有りカードを入れ、玉またはメダルが出てくる機械のこと。

玉貸ボタン

貸玉を払い出す際に押すボタンです。主にパチンコ台の上皿についている。

チャンスボタン

パチンコの演出の効果を高める為のボタン。

貯玉(メダル)

会員カードに玉を貯める事。

通常時

大当り・確率変動時間短縮のいずれにも該当しない状態。

出玉

お客様が大当りをして獲得した玉(メダル)のこと。

出玉共有

玉やメダルを複数名で使って遊技する事。店舗ハウスルールによっては出来ない店もある。

電チュー

パチンコにおいて電動チューリップの略。小デジタルが当選した際、一定時間開く役モノ。
電チューに玉が入ることにより、スタートチャッカーに入賞したのと同等の役目をする。

ドル箱(箱)

大当りした出玉が下皿に入らなくなった時に玉・メダルを移し変える箱のこと。

な行

ナンバーランプ

遊技台上部に設置してあるランプ付きの電子機器。
回転数や大当り回数が表示されていたり、また、お客様がスタッフを呼ぶ為に押す呼び出しボタン等がある。

は行

パチスロ

スロットと同義。 スロットマシンのことで正式名称は「回胴式遊技機」。
登場当初はオリンピア物産(現在のオリンピアとは別の会社)製の機械がメインだった為、「オリンピアマシン」とも言われた。

パチンコ

パチンコとは、ガラス板で覆った多数のが打たれた盤面上に小さな鋼球を盤面左下から弾き出し、
に従って落ちる玉が特定の入賞口に入ると、得点、あるいは賞球が得られる遊技(ゲーム)。

羽根モノ

パチンコ台のジャンルの一つ。ヒコーキ台、ヒラ台、一般台とも言う。
スタートチャッカー入賞により羽根が開き、その中にあるVゾーンに入賞すると大当りとなるタイプ。比較的少ない投資額で遊べる。

ハンドル

パチンコ台において玉を打ち出す際に掴むところ。
可動部を右に回すと打ち出し、回し具合によって玉の飛び具合が調節できる。
手を離すと一番左に可動部が戻り、玉の発射も止まります。パチンコ台の右下に付いている。

ハンドルスイッチ

ハンドルを回した状態でこのスイッチを押すと玉の打ち出しが止められるもの

盤面

パチンコ台の表面で、や役物が取り付けられている面のこと。
主に木材やアクリル板で作られていることが多い。

ビックボーナス

スロットの役の一つ。各機種それぞれの特定の図柄が三つ揃うと始まる。
機種によって違うが、小役の獲得を繰り返し、数百枚のメダルの獲得ができる。

Vゾーン

パチンコにおいて盤面の役物内にある、入賞すると大当りが発動する部分。

風車

パチンコ盤面上で玉をランダムに散らす回転体のこと。

フラグ成立(立つ)

スロットにおいて役が当選し揃うまたは、揃えられる状態のこと。

フリーズ

スロットで、遊技中にリールや液晶の演出等が動かなくなったりすること。
信頼度は高くその後大当りが発生する場合がほとんどである。

プレミアリーチ

出現すればほぼ大当りするリーチ。

ヘソ

スタートチャッカー上部にある2本ののスペースのこと

返却ボタン

このボタンを押すと、ICカード、会員カード、清算カードが引き出せます。
通常、パチンコは上皿に、スロットサンドにボタンがついている。

ボーナスゲーム

パチスロのゲーム状態の一種。
パチスロは、通常ゲームとボーナスゲームに分けられ、
大きく分けるとビッグボーナスとレギュラーボーナスがあり、前者の方が多くメダルを獲得できる。

ポケット

パチンコ盤面にあるスタートチャッカーアタッカー以外の賞球口。

保留玉

パチンコにおいて図柄変動中にスタートチャッカーに入賞した玉のこと。
一般的には4つまで記憶することが出来ます(機種によっては最大8個)。

保留ランプ

保留玉の個数を示すランプ。

ま行

MAXタイプ

パチンコ遊技機において、大当り確率が約1/350~1/399の遊技機 ハイスペックとも呼ばれます。
確変継続率が70%を超えるものをいう。

MAXベット(ボタン)

スロットにおいてクレジットメダルが3枚以上残っていれば、
メダルを投入しなくても、押す事で3枚投入したのと同じ事になるボタンの事。
ワンベット(1枚)ツーベット(2枚)ボタンも機種によってはある。

ミドルタイプ

パチンコにおいて、大当り確率が約1/300~1/350の遊技機をいう

目押し

スロットの絵柄を狙って止めること。

メダル(コイン)

スロットを遊技する際に使う硬貨のようなもの。
直径25ミリ(25φ)・30ミリ(30φ)の二種類の大きさがあります。

メダル貸機

貸しメダルが払い出される装置。遊技台の左右どちらかにあります。
店によって位置やモノは違う。台間サンドメダルサンドとも言う。

メダル投入口

スロットにおいてメダルを投入するところ。略して「投入口」とも言う

や行

遊パチ

大当り確率が甘めの機種の総称でデジハネ、甘デジとも言われている。おおよそ1/100程度の大当り確率で遊びやすい分、出玉は少ない。

呼び出しボタン

押すだけでホールスタッフを呼ぶ事が出来るボタンで主にナンバーランプについている。

4パチ

1玉4円にて玉貸しをするパチンコ

ら行

リーチ

「あと一つ同じ図柄がくれば大当り!」という状態。

リール

スロット台のいろんな図柄がある、回転する装置。ここの図柄が揃うことで出玉を得ることが出来る。
左から左リール、中リール、右リールという。

リプレイ

スロットにおける小役の一種だが、払い出しは0枚、自動的にメダル投入済み状態になり再遊技出来る。

レギュラーボーナス

スロットにおける役の一つ、別名オバケ・バー等、50~100枚程の獲得が可能。

レバー

スロット台に付いているレバーで、これを叩くとリールが回転する。

ページトップへ